筑波もしくは松戸方面への旅行の帰り、又は、三郷周辺から、外環に沿って埼玉・練馬方面へ帰宅する途中に立ち寄るなら、道の駅川口・あんぎょうは最適な立ち寄りスポットと言えるのではないでしょうか。
あんぎょうは東京都心から最も近い場所にある道の駅です。この道の駅は、植木が盛んなあんぎょうの川口緑化センター「樹里安(じゅりあん)」と一体になっており、様々な花と緑の展示、販売が行われています。
5階建ての大きな建物の中には、レストラン、軽食コーナー、休憩ラウンジ、屋上庭園があり、憩いの場としてくつろぐことができます。「樹里安」の施設である、広々とした開放感あふれるアトリウムには、四季の様々な植物が展示されており、見て楽しむだけでなく購入することもできます。資料展示コーナーや会議室も備えた市の施設でもあります。
外環に沿った国道298号は一方通行になっており、道の駅あんぎょうへは、千葉方面市川から埼玉方面和光へ向かう外回りからのアクセスが便利です。外環の草加出口から約2kmに位置し、駐車場167台(第一駐車場のみ24時間開放)、トイレ・自動販売機は24時間利用できます。
川口産の安行寒桜、柚子、山椒で作られた、3種類のオリジナルアイス「樹里安(各250円)」がおすすめです。